当院で可能な検査

心臓・血管の検査

心電図

動悸や胸の痛み、めまいの原因を調べたり、不整脈や心臓の状態をみる検査です。

24時間(ホルター)心電図

胸の痛みの原因や不整脈を調べるために、普通の心電図では検査時間が短いために
つかまらないような異常がないかを24時間心電図をつけることで調べる検査です。

動脈硬化検査(ABI)

高血圧や糖尿病、高コレステロールなどにより進む動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。
両手両足の血圧や脈波を同時に測定することで、動脈硬化の進み方や血管年齢がわかります。

肺・呼吸器の検査

肺機能検査

息切れや咳の原因を調べるために、肺の機能を調べる検査が行えます。
喘息やタバコ肺(COPD)などの慢性呼吸器疾患の診断や治療の確認が行えます。

呼気一酸化炭素濃度測定

体内の一酸化炭素濃度と喫煙には関連があり、吐く息の中の一酸化の濃度を調べる ことで禁煙外来のフォローなどに役立てることが出来ます。

消化器の検査

胃カメラ

カメラを体の中に入れ、食道から十二指腸までをみる検査です。
当院では、消化器内視鏡専門医が精度の高い検査を行います。

患者様の希望に応じて、口からのみならず、経鼻検査用のスコープを使って、鼻から検査を行うことも可能です。

ピロリ菌検査

胃カメラでピロリ菌感染が疑われた場合には、吐く息または便、血液などによりピロリ菌の確定検査を行っています。
(保険診療では除菌治療のために確定検査が必要とされています)

現在日本の胃がん、胃潰瘍の原因の多くがピロリ菌感染によるものなので、早期に除菌治療行うことは大きな予防効果があると考えます。

便検査

便の中に血が混じっていないかを調べる検査です。大腸がんの検査として行われている検査です。

大腸カメラ

大腸がんをはじめ、ポリープ、大腸粘膜異常を起こすあらゆる病気を早期発見し、診断することができます。

画像診断

当院では専門の技師が検査を行います。

一般撮影検査

胸部、腹部、骨、関節の状態などをみることが出来ます。

CT検査

短時間に広い領域を薄いスライスで得ることができる画像検査です。
体内の様々な病気を発見することができます。

心臓、脳、気管支、肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病気をみつけることができます。

MRI検査

強い磁石とラジオに使われているような電波を用いて体内の状態を画像にする検査です。
体内の様々な病気を発見することができますが、特に脊髄、四肢などの病気に高い検査能力をもっています。

エコー(超音波)検査

超音波で心臓や頸動脈、腹部、甲状腺などを様々な部分の診断を行うことができます。
循環器系の疾患を正しく診断するには不可欠なものです。

骨密度検査

骨折の予防のための早期発見に、特に閉経後の女性の方やご高齢の方にはおすすめです。

©Sakanoue Geka All Rights Reserved

ページ上部へ